スーパーPフォースは本当に早漏に効くのか

岡山 包茎手術・治療

早漏とは、自分が射精したいと思うタイミングより早く射精してしまう事です。
男性の3人に1人が早漏に悩んでいるというデータも存在しています。

アメリカの泌尿器科学会で発表された定義によると、挿入してから一分以内に射精してしまう事、また射精のタイミングをコントロールできない事、その結果性行為を苦痛に感じ回避するようになってしまう事、この3項目のうち1つでも当てはまるものがあれば早漏と診断されるとの事です。

特に性の問題に関して閉鎖的な考えを持つ傾向がある日本人では、悩みを抱え込みやすくなってしまいます。
その結果、性行為の失敗が忘れられないようになり、悪循環を引き起こしてしまうのです。

早漏の治療として、まず多く行われるのは精神面のケアを行う事です。
問題を深刻にとらえすぎると、さらにEDへと悪化してしまう恐れがあります。

投薬での早漏の治療としては、従来はパキシルが使われてきました。
パキシルは本来抗うつ剤として使われるものです。
しかし、射精が困難になるという副作用を持っており、その副作用を逆手にとった治療法だったのです。

最近では、パキシルとバイアグラを合わせたような効果を持つ、スーパーピーフォースという薬が開発されました。

この薬を使う利点として、従来の薬より安価で入手できるという事がまず挙げられます。

安く手に入る反面、本当に早漏に効くのかと言った疑問をもつ人もいるでしょう。
何故安いかというと、ジェネリック医薬品であるからです。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品の事で、有効成分に対する特許の期限が切れた医薬品の特許内容を元に、同じ成分で他の製薬会社により製造された医薬品の事です。
研究コストが掛からないために安く販売できるものであるため、安価であるからといって従来の医薬品より効果が劣るという事ではないのです。